同人音楽感想雑記

同人音楽の感想をメインになにかを書き捨てていきます。雑食。

7月に2つライブに行く予定が入ったので、しばらくはそちらの予習にかかりきりになりそう。

■すかいあ星めぐりの回顧録
https://i1.sndcdn.com/artworks-000331380021-mcmi5m-t500x500.jpg

 すかいあさんの…もう、13作目の新譜ですか。5thからお世話になっているもう馴染みに近いサークルさんですね。きっかけとなった5thの「記憶の中の子供」はとても素敵な作品なので、もしすかいあさんを少しでも気になったらまずはこちらを手にとってもらいたいですね(隙あらば推していく)。なんとなんと、いまだ入手可能っぽいです。いつまでこの状態が続くかは本当にわからないので、是非に。

 さて、今作は
"記録"と"記憶"をテーマにした一枚。すかいあさんはいつもきちんとテーマに沿って仕上げてらっしゃるんですが、今回は自分の好みのテーマであるという贔屓目もあってか、いつになくそれが全体に浸透している気がしています。まず一曲目「記録から記憶へ」から最高。すかいあさんには珍しいチップチューン的な音からメロディはそのままに、アコースティックな音色に遷移していくインスト曲です。イメージ的には、先の未来に紐解かれた媒体から音楽、そして情景が再生、想起されていくという感じでしょうか。こういう仕掛けはいいですね。1:30という短い曲でありながら、2曲目と合わせてコンセプトを表す核となっている一曲です。好き。

 2曲目「蓄音機は歌う」。こちらも作品のコアとなる曲。少しテンポの速いジャズワルツ。色あせたような雰囲気が郷愁を誘います。1曲目とセットで白眉ですね。 3曲目「月の舟-replay-」は10th「がらくたの箱庭」からのリバイバル。多分、アレンジが変わったりしているわけではないような気がするんですが、違ったらすみません。2番から入るリズムを刻むようなパーカッションと、一方、その上で揺蕩うゆったりとリバーブのかかったみちるさんの歌声の組み合わせが気持ちいいです。

 4曲目「それは揺らめく心の調」は曲頭から全体を通して奏でられる、こぶしを回すような笛の音が印象的なバラード。 5曲目の「星の海」はメロからサビへのテンポチェンジが楽しい一曲。すかいあさんらしい、柔らかい曲ではありますが、変拍子が好きな方にもおすすめです。このラスト2曲が、このアルバムの主人公である少女と、ジャケットのイメージにもなっている灯篭流しの物語。最終盤で残されたレコードが、1曲目で再生されるという大変美しい構成。たまらん。
 

■白衣とMonocle『Phantom Protocol -1

https://f4.bcbits.com/img/a0325573028_10.jpg 

 M3ではほぼ見かけないジャンル“Hiphop”。タイミングによってはトップハムハット狂さんやSmileさんが出展されてましたが、やはり恒常的には見かけませんね。Hiphop界隈の同人系の方々はWWWとかが主軸になられるんでしょうか。一度は足を運んでみたいとは思いつつ、なかなかいけていない状況です。さて、そんな供給不足なHiphopジャンルで今回発見したのがこちら、
白衣とMonocleさん。今回が初買いのサークルさんですね。説明を読む分には、サークルとしても初参加っぽい感じでしょうか。

 本作は全5曲のミニアルバムで、1曲目と5曲目にリリックの載った楽曲、間に3曲のトラックのみ楽曲が挟まれているという構成です。もう、なんと言っても2曲目表題曲の「PhantomProtocol-Ⅰ」が最ッ高にCool。高らかに鳴る、パワーのあるメインメロディーの深い印象と、通奏低音的に流れるネガティブ&ノイジーなベース部の対比。耳に残りまくりますよこれ。この一曲だけでも手に入れてよかった。凄くリピートしています。

 あとは、1曲目の「ghost」もトラックめっちゃカッコよく、しかも結月ゆかりとDubmiyakoさんのVo.が違和感なくマッチしていて、これは同人イベントでこそ手に入るHiphopや…という感動が強いです。3曲目「Wave Generator(Sine-kona Screwed)[Prod.yume]」は、大元のトラックを聞いてないんであんまり適当なことは言えないんですが、ブレイクの入れ方が気持ちよくて、センスあるなぁと思いました。順序的には2曲目に続いて好き。

 しかしこのサークルの主催は、Sine-konaさんなのかDubmiyakoさんなのかいまいち判然としない。同一? Twitterとかも過去のアカウントは使われてなかったり、移動先のアカウントは凍結されていたりでよくわからない^^; まぁいずれにしてもお二方の名前は覚えておいて、次以降お見かけすることがあれば、また率先して手に取らせていただきたい次第。


■Confetto『Pinky blossom
http://confetto.chu.jp/pinky_blossom/assets/cb.png

 細かいことは言わない。M3-2018春で、ヤバい電波曲を聞きたければこれを聞け。

 仕事やらなにやらで精神的に追い詰められていたんでしょうか、
M3-2018春に向けて試聴をする中で自分の中にあった一つの思いが“なんかヤバい電波を浴びたい”。とは言え、予算的にも数は撃ちたくない中で、ガツンと琴線に引っかかったのがこの一枚、いや、その内の一曲になります。

 そのタイトルは「どす恋!春場所☆きらめき大相撲」。これだけでヤバさ伝わりますかね…。個人的には、過去に一世を風靡した電波ソングの猛者達とも十二分に渡り合える1曲なんじゃないかと思っています。死ぬほどアガるし楽しすぎる。最盛期のニコ動に投下されてたら、めっちゃMV作られたりとかして、天下取れたかも知れない…とも思いつつ、やはり数々の事件で角界が話題になっていた今だからこそ、というのもあるのかも知れません。ちなみに、作曲をしたタイミング的には意識はされていなかったであろう「女性は土俵に上がってはいけない騒動」が発生した直後ぐらいに、ななひらさんの歌い上げるこの曲が産み落とされたのはなかなか運命的なものを感じます。

 曲自体を語るのはもはや野暮かもしれないので、曲中の台詞を一つ引用して、本作品への言及を終えます。
 「ホアアーッ!ホアーッ!止まらないでごわす!四股踏んで 股割ってホアアアッー!」

■stellatram『EXEC_COSMO=COCOON/.
https://s2.booth.pm/a01ebe98-f574-4477-b950-7c104e2b5a77/i/886548/caa671f2-d45e-4c22-8157-60af4f516ca4.png

 M3-2018春にて無料頒布されたstellatramさんの新曲。誰もが待望するヒュムノスの新作且つ、9分近いボリュームのこの曲が、無料で頒布されてしまっていいんでしょうか。(多分)いいんです。なぜなら、stellatramさんの活動5周年の記念だから…! おめでとうございます。そして、本当にありがとうございます。アルポータルが更新終了してもう何年になるでしょう。以降、寂しさを抱え続ける我々Ar tonelico難民はstellatramさんを筆頭とするヒュムノス2次創作サークル様に生かし続けていただいているのです。

 というのは一旦置いておいて、本曲「EXEC_COSMO=COCOON/.」は9分のボリュームに恥じない・退屈しない曲になっていて素晴らしい。
曲展開から物語のドラマティックさ、緊迫感、壮大さが伝わってくるのが、そう感じさせる理由かもしれません。あと、物語パートと、コマンドパートのメリハリも、本当に“らしさ”があって涙出そうになります。stellatramさんの最高傑作は個人的には「EXEC_HYMME_SEAMLESSECHO=H:D/.」だったりしますが、これはそれに次ぐ作品と言えそうです。本作は、記念作ということもあってか、BOOTHで現在進行形で無料配布されています。もし、Ar tonelicoを知らない方でも少しでも興味があれば、聞いていただきたいと思います。

2記事目にこんなに早く手がつけられるなんて吃驚。

■somuniaRoomNo.001
RoomNo.001

 インターネット上で声と歌の活動をされているというsomuniaさん。正直このM3まで存じ上げませんでした。今回目に入ったのは、がおがおさん繋がりです。なんとこのM3では「めろめろ♡いんすと~る!」での新譜がないとの報を受けショックに沈んでいた中、なんとがおがおさんが作曲で参加されている一枚があると聞きつけました。そんな無聊を慰める一枚。この「RoomNo.001」全体を通しての感想としては、somuniaさんらしさがジャケから歌声から、ともすれば委託をしているはずの音楽まで浸透していて、歌われている姿が目に浮かびそうなのがかなり好感です。ややアンニュイなかわいさ。1曲を除いて、ご本人が作詞をされているのも大きいのかも知れません。

 というわけで中身。1曲目「Rainy magic」は、実はがおがおさん作曲ではないのだけど一番好きかも知れない…。初のCDの第1曲目ということで、自己紹介代わりって感じですね。冒頭の『私は――
から少し間を空けての、『―― somunia.のブレイクが超印象的。かわいいし、耳がとにかく気持ちよいフューチャーベース。作曲はgaburyuさん、憶えました。 続く2曲目「Internet girl」(タイトルがドンズバでsomuniaさんですよね)と3曲目「Midnight swimming」は待望のがおがおさん作曲。「Internet girl」は"らしさ"全開のがおがお節で、耳に入った瞬間にがおがおさんだってなるメロディラインがとにかく癖になります。一方で、めろめろ♡いんすと~る! の突き抜けたキュートさとは一線を画すのがsomuniaさんの落ち着いた歌声。雰囲気がガラッと変わりますね…素敵です。Cメロの切実感な雰囲気もよし。「Midnight swimming」は抑制的に推移していたメロから盛り上がる展開が心地よい一曲。 4曲目はCapchiiさん作曲の「各駅停車」。この曲は歌詞がいい。ゆったりとしたテンポと、強めに入ってるバスが胸に響くのをじんわりと感じながら耳を傾けるのがいい感じ。この曲はサンクラに挙がっているのでリンクをぺたり。 ラスト、「melt memory」。〆の一曲はがおがおさん。この曲は感傷的なメロディーに広がりのあるサウンドと、多用されている小道具的なSEが印象的。主線はまったりしているのに、細かく入るSEと、裏で流れる別ラインのメロディだったりが最後まで飽きさせずに聞かせてくれます。 

■コトノハルカナ『Candy Pop Party

CandyPopParty 

 語感(五感)で聴く電波。

 我ながらなかなか悪くない表現だと思ったり。上述のsomuniaさんに並べてしまうと本当に対照的な、元気で可愛いくてアッパラパーな一枚。聴いているとなんとなく元気になれる、大好きなコトノハルカナさんですが、今回はすごく突き抜けてます。一番最初に好きになった時のコトノハルカナさんはこんなんじゃなかった気がするんだけど、これはこれでありですね…。ちなみに、音ゲーで採用・収録された曲も本作に入っているとのことで、コンセプトはさて置き、立秋さん的にはかなり気合の入った新譜のご様子。

 さて最初に「語感(五感)で」とか言ったのは、このアルバム、全体通して擬音語・擬態語とか、オノマトペ的な歌詞が支配的なんです。しゅわしゅわクラクラぐにゅぐにゅほわほわつるつる…なんてほんとごく一例。こいつらがBPM高めのEDM、ダブステ的なクラブミュージックと組み合わさることで恐ろしい中毒感を生み出している。 その中でも特に気に入ったのはまず3曲目「てるやま」。この曲はアルバム全体の色がハイテンション&キュートな中で、異彩を放っている曲で、地面に音を押し付けるような重たいのサウンドの上に、ひたすらアンニュイに繰り返される「てるやま」のワード(全然何言ってるか分らないと思いますが)。個人的には往年の名電波曲「猫鍋」を思い出してしまいました。改めて聴き比べると全然ちゃうんですけど、なんかこう、ね。 そして5曲目「×ロ×◇×ロ∨∧゜∨」。これは【めろめろめろんぱん
】と読むようです。初見で分る人、いるのかな。さて、曲はザ・ハッピー電波。そんなメロディに乗せてひたすらメロンパンへの愛が表現されます。オノマトペ的には『カリモフ、フワコロ、サクポロ…と、あぁわかるわかる的なものが使われていて、これがまた語感がいいんですよね。あとカリカリモフモフのコピペ思い出しました。途中で入る台詞『本当のメロンは食べられない 実はメロンは好きじゃないが耳に残りまくる。そして共感。

■Eternal Melody『End Of The World
https://1.bp.blogspot.com/-sxUzET8Hm0g/WtSNx02mqqI/AAAAAAAAA2c/rmamJ9nO2eoyJ61aJ67nn8DV5Fooujn4gCLcBGAs/s1600/EMCD-0013_bnr_EM.jpg

 すっごくかっこいい(小並感)

 Eternal Melodyさんは過去に1枚買っていてそれも良かったんですが、初めて男女ツインボーカルで出されたこのシングルは更にいい。硬質で切り裂くような黒崎朔夜さん、高音でも伸びのあるkikyowさん。お二方の歌声は全然違うわけではなく、雰囲気の近いところとそうでないところがあるのが、合わさった時の一体感になっている気がします(なんのこっちゃ)。ジャンルはサークル紹介の言葉を借りれば「ゴシック×トランス」。疾走感がキーワードです。

 1曲目はインストの「avarice」。上でトランスとか書いてますけど、これは言うならデジロック? テクノな浮遊感のあるサウンドに、泣きのギター。終盤のギターからキーボードが引き継いでいくあたり好きです。そして曲間なくそのまま流れ込むように続く2曲目「Separated Emotion」。Bメロの二人の掛け合いからのハモリで突入するサビが美しい。そしてCメロの裏から疾走を始めるギター。ベタだけどほんとかっけぇな。 3曲目「QUALIA」。圧 倒 的 中 二 感。そして ア ツ さ 。この曲は歌詞を見ながら聞いて欲しすぎる。なんとなく流していて印象に残る感想が一変すると思う。作詞の人のセンス、好きだ。

所感①と書いたのが自分なりの意気込みの表れとも取れる。

あ、友人が今回参加のM3から感想を綴り始めましたので、リンク集に新しく追加しております。差し支えなければ飛んでいただければと。自分と違って既に今回手に入れた新譜については全ての感想をアップ済みですし、更に過去の記事を漁って行くと、SoundHorizonのかなり興味深い考察記事があったりします。特にneinのコンサート映像への言及って他にないんじゃないかしらと思います。正直尊敬している友人です(ダイマ)。

Aute Couture『Happy Rebirth and Darkness


 MISLIARのKOKOMIさん、実験台モルモットの谷琢磨さんの合同サークル。KOKOMIさんはAsriel時代は何作か手に取らせていただいていましたが、MISLIARとしては初。実験台モルモットさんも初という。完全初のサークルさんです。実は今回、自分史上初めて、元々チェック外の作品を「映像上映コーナー」を見て購入したのがこちらの作品になります。その要因は複数ある気がしていて、フックのある男女ツインボーカルだったり、元Asrielの方の作品にしては映像から感じる色調がパステルっぽいなという驚きだったりですが、一番は聴いていて気持ちがよかったというのに尽きる気がします。さて、

 その辺は置いておいて中身に入ると、1曲目(ほぼ表題?)『Happy Rebirth Day』はM3ですら珍しいイースター(復活祭)をテーマにした楽曲。明るく跳ね回るような曲調で、トランペット・ピアノが奏でるジャジーな印象が素敵です。正直、宗教的な意味でのイースターよりは、キリストの復活というネタにちなんで、この曲を聴く人の新しく明るい世界への再誕(意識変革?)を高らかに歌い上げるような楽曲です。(そもそもイースターの読み替えに“
Happy Rebirth Day”ってないんですよね)。それはさて置いても曲頭の暗く妖しいスタートから、底抜けに明るく光や幸いを感じるような曲調への展開、そしてその曲としてのハーモニーのよさは特筆すべきものがあると思います。色々書いたけど、楽しさ・美しさだけで聞く価値は大。 2曲目、『堕悪Side ロマンス』はイースターではなく、ハロウィンモチーフの楽曲。この曲も男女ツインボーカルの美しさが如何なく発揮されています。男声が耽美寄りであることが気にならないのであれば、ぜひ聴いてほしい。 

■GLUE WAVES『Simulacra

https://s2.booth.pm/94af2b63-b2ff-4014-a123-051769cb6614/i/841071/97158279-0d7d-44dd-a21c-c5ceba79deb0.png 

 自分としては今回初めてのサークルさんです。HPをたよりに調べた感じだと、6作品目なのでしょうか。作詞作曲がMooさんという方のほぼ個人のサークル? とは言えボーカル陣の固定ぶりを見るに、ラブジュ的なイメージが近い建付けなのかもしれません。試聴においては、1曲目でズームアップされたサビと思われる箇所のカッコよさ、そこに続く、2曲目のクール且つ外連味を感じる和っぽい
楽曲が見せる片鱗が決め手でした。

 さて、その期待を裏切らず通しでもカッコよかった1曲目『Agnostic Ruler』。クロスフェードでは聞けなかった範囲ですが、個人的にはサビ前のBメロが物凄く好みでした。サビの盛り上がりに向けてテンションを上げるように駆け上がっていくメロに痺れました。2曲目は『Things Past』。和ロック全開のノリなのに、全英詩という、あれ? という楽曲です。一方で滅茶苦茶演歌的(は言い過ぎかも知れないけど)こぶしの効いた節回しで歌唱されていて、全英詩なのに海外の方ヒアリングできるんだろうか?!的な雰囲気が凄く愉快。疾走感と、切り結ぶようなSE、合間に挟まる歌舞伎的な掛け声が心地よく嵌っていて、よくありそうな気もする和ロックに、楽しさと勢いを与えられている気がします。3曲目は『Chivalry』。ボーカルトラックだけ聞いてると、Bassyさん作曲の茶太さん曲??みたいな雰囲気を感じてしまいました。歌詞の流れを追うと、タイトルの通り「騎士道精神」を題材に据えた、バンプの『グングニル』みたいな曲と言えば伝わりやすいかもしれません。ブラスの力強く明るい音が“暗闇を払う 光のセレモニー グローリーデイズ”を感じさせます。

■inktrans『At Last.


 昨年春から注目株の、inktransさんのM3-2018春の新譜です。通しでの感想としては、過去作の例に漏れず、弾むような、浮遊するようなメロディラインがとにかく心地よい一枚です。1曲が短いこともあって、4曲通すのは実はあっという間なのですが、心地よさ過ぎていつの間にか何週ループしているか分らないほどだったり。inktransさんの表現される浮遊感ってほんと他では耳にしたことがなくて、本当に独特で素敵です。自分は何にも情報のない状態で聞いても、あ、あの人の作曲かな?と思えるようなのが好物だったりするんですが、そういう好みにもスマッシュヒットするんですよね。

 特に3曲目の『mmgt(ままごと?)』は、曲中にもあるような絵本みたいなあっけらかんとした雰囲気があって好き…。あとやはり表題曲、4曲目の『at last』ですね。歌詞にもある(逃げ込んだのかもしれない)空想の世界と、手に入れられなかった(実現できなかった)現実との狭間でのふわふわとした気持ちを、少しダークに描いているのがとても印象的に感じました。

■Release Hallucination『Lovers in Abyss
http://releasehallucination.com/img/card_b.jpg

 はい、もうこの頭空っぽにしてカッコいいとだけ言ってしまいたい曲。今回1曲のみのシングルですがもう本当に素敵。まずリバーブのかかったBメロから続いてのサビ(最初のは1:42頃から)のリードボーカルとそれを追いかけるようなコーラスとの構成が昏く美しい。特にコーラス部のハモリ方がいいんよ…。ここは試聴でも確認できるところだから是非試聴だけもお願いしたいところ。そしてリリハルさんへ期待している通りの4:00以降の間奏部以降がほんとにたまらない。うねるベース部から始まって、音数を増やしつつ展開を激しくしていき、徐に始る5:10辺りからのギターソロ。その後、6:00過ぎから入れ替わるように奏でられるやや重ためキーボード・すかさず被されるコーラスに、Cメロ直前の展開…(溜息)。そしてその後にコーラス無しで続く抑制的なサビ部での溜め、待ってましたの大サビと…。ふぅ、とんでもないですね。

Dolores

ロリィタノイロォゼさんのM3-2018春新譜「Dolores」です。

こちらのサークルさん、これまで買い続けていながらも、実はこれまでに一番喰らったのは2014年春にRibbon Citronさんから出た「シャルロット・キャトルのジョハリの窓」収録の「b」が最推しの楽曲だったりします。自分はM3でも全体でそこそこの音源を買っていますし、それ以外でも色々聞いていますが、その中でも、購入から何年もたった後もふとメロディが頭を想起する楽曲は多くはありません。「b」はその一つということで結構強烈に心に留めています。

そして本作「Dolores」は、その「b」にも負けず劣らず自分の中に印象深く残る一枚になりそうだということで、久々に単発で取り扱ってみたりした次第。さて、ロリィタノイロォゼさんはりみゆさんが主催されている(多分)個人のサークルさんで、基本的にはピアノの弾き語りとそこに載せる歌声・コーラスで構成されるかなりシンプルなサークルさんです。特長としてはとにかく耽美で美しい、詩的な世界観でしょうか。大体が残響感のある幻想的な空間音楽になっています。自分の主観としては今作では特に、ミックスの美しさだったり、アレンジ上の工夫が世界観の構築に寄与しているところが際立つな、という印象です。聴くシーンとしては、夜の散歩など本当におすすめいたします。ベストマッチ。

さて、トラックリスト。
01 名と声
02 Mercredi Gris in "Z"
03 noce -ノス-
04 Lost in admiration
05 名と声(no answer)
06 Mercredi Gris in "Z"(the ghost in the machine)
正直全体通して好きな曲ばかりでこれが、と言い辛かったりします。最近やってませんでしたが、あえて一曲ずつ(少しだけですが)取り上げてみます。

まず1曲目「名と声」。メロディと詩が渾然一体となった堪らない一曲。サビ(だと思われる)、『遺伝的アルゴリズムを~』から始る流れは「b」を彷彿とさせる、音階を駆け巡るような軽やかさがあります。また、この曲は5曲目に入っているメインボーカルを抜いた所謂カラオケ用トラックが素晴らしい。バックのコーラスと音声は残してあるのですが、それだけでも曲として成立してるなと思えるほどコーラスが重層的に張り巡らされていて、聞いていて飽きない、これだけでいっそ別の曲かのように感じる美しさがあります。

2曲目は「Mercredi Gris in "Z"」。Mercredi Grisはフランス語で「灰の水曜日」ということで、キリスト教圏では意味のある日らしいのですが、すみません、自分はほぼ意味が掴み取れません。この曲も1曲目に負けず劣らず、メロディ・バックコーラスが合わさった美しさが魅力ですが、特に、最後の一節でカットインしてくる男声コーラス。これが入ってから終盤のクライマックスまでが綺麗です。

3曲目は「noce-ノス-」。前2曲と比べると全体的に素直で、世界観としてもかなり甘く優しいもの。歌詞を読んでみると、まるで結婚式で相手への愛を語るような曲です。この曲、なぜか最後にパッヘルベルのカノンが流れるんですよね。なんか意味あるのだろうか。自分の理解力レベルではそこまで迫れない悲しみ。

4曲目は「Lost in admiration」。珍しく、英詩且つ、歌声とメロディに機械的な加工(ノイズ含む)が入っています。3曲目の「光」から打って変わって、切迫感や失われた(失われる?)相手へ想いが強調されるドラマチックな楽曲です。この曲は、サビ部の「Lost in」から始るフレーズがかなり印象的なんですけど、これがまた、和訳の歌詞と対照してみると、本当にじわじわと来るんですよね。English Translationと書いてあるので、元々は和訳側で作詞して英訳後に歌唱されたのだと思うのですが、だとすると、この英訳はとにかく美しすぎる。音楽のための英訳になっていて、本当に感動してしまいます。

前作であった、セルフライナーノーツがあれば、読んでみたい(本家に丸投げ)。しかしこれはよかった。

M3-2018春、皆様今回もお疲れ様でした。天気良くてよかった。
今年も人が多かったです…よね? プチ行列に何度も出くわしました。


さて実は自分、いつもはM3関連では最小限の買い物のみの滞在という
割とストイックな参加の仕方をしているのですが、今年は少し変化がありまして、
翌日に開催されたM3日程合わせのライブとか参加しちゃいました。超簡単にレポ。


■のらねこ秘密結社
 http://mamyukka.tank.jp/noraneko/


普段から仲の良い、4つのサークルさんの合同イベントですね。
(THE ROOM OF SHOW IKEDA、A little bit、幼蚕文庫、Mamyukka)


自分としてはMamyukkaさん、幼蚕文庫さんが主な目当て。
どちらもほぼ全作品入手させていただいているかと思います。好き!(挨拶)
2月にもこの2サークルの合同イベントに初参加させていただきまして、
それに味を占めての2度目の登板という感じです。


総評(雑感?)としては、


・かや子さんの歌声生で聴いても本当にかや子さんで、2回目でも超感動。
 派手な曲がないからと言って盛り上がらない(ダレる)なんてことはなく、
 ピッと場が張りつめる感じがあってとてもよい。独特。
 一方で、まようらでやった「大様の耳はロバの耳」に加えて、
 「アボカド」(アップテンポな曲)もセトリに入っていて、
 これライブでやれるんだ、とちょっと感動したりも。
 あと、「初恋わるつ」よかったです。


・まめこさんの千変万化な声音はライブでも健在。凄い。
 Mamyukkaとしてではなく、ソロとしての活動もしていることもあって、
 そちら側のファン勢がアツい。自分以外の野郎はほぼまめこさん勢なのでは。
 深海図鑑の曲とかやってくれて本当に嬉しかった。
 コミカルな声が分かりやすく目立つけど、シリアスも素敵なんですよね…。


・ハルキさん、前は結構新譜買っていたんだけど、(正直に言うと)
 最近個人的にはややマンネリ感を感じていて優先度落としておりました。
 しかしこれがまた、ライブだと凄く映える。
 Mamyukka、幼蚕文庫とかは個性の暴力みたいなところがあって、
 それが故に現実舞台での再現に苦労しながらのライブである一方で
 ジャジーでもロックでも素直に格好いいA little bitのステージは
 ストレートにハルキさんの歌唱力が光る。アダルト!
 ちょっとまたじっくり聞きたいなぁと思わされました。音源も聴こう。


・奨さん、実はほぼ初。
 クリスマスの企画CDぐらいでしか知らなかったので、
 やさしい系、かわいらしい系なのかな?って思っていたら、超ロック。
 メインで活動されてた時期を存じ上げなかったんで、驚きました。
 あとメチャ大阪のおばちゃんでそこもギャップ。
 事前にTwitterで告知されてたFighterって曲がすごくよかったです。
 今回のライブは急遽決まったってことで、歌詞に不安ありながらで、
 ちょっとパフォーマンスが出てなかったところもあると思われるので、
 万全の奨さんのステージを見てみたいなぁと思いました。
 まずは手術、うまくいくことを祈っております。


・オッカさんもうほんと大好き。
 ライブ後の交流?イベントで愛を伝えたかったが、普通にキモいなと
 思い直して離脱してしまった。ああいうところで演者の方々と距離を
 詰められる人たちってちょっと羨ましい…。(陰の者感)
 ペンさえ持っていたら、オッコレへのサインとかもらいたかった涙


  • FGOイベが復刻で、あまり注力しないでいいのがありがたい。
  • QoW、春新譜延期とのことで悲しい。夏コミに変更かー。夏コミには足運ぶ予定ないので、秋までお預け。
  • 前回気に入った「Tail'z」さん、3末で活動終了とのこと。てか14年やられてたとは。もっと早めに知りたかったですねぇ。
  • 雲収集業者さんの活動継続も危うそう。新譜お待ちしています。

    これいい曲だったからみんな聞いて!><
  • 光ノ巣さん、名を新たにシンガーソングライターとして活動されていた件。世の中的にチャレンジングなので、これはこれで頑張って欲しいところです。
  • GoldFishはまたも新譜延期とのこと。最早伝統芸とは言え、焦らすなぁ。無料配布されるらしいデモ音源、あえて貰わない選択肢もあるなぁとも思いつつ、悩み。
  • とりあえず一旦以下でFA 予算都合で削りまくってしまって涙 今回はやけに膨らんだなぁ。とは言えあとは現場でのノリ。結構復活してしまうかもしれない。


ブースサークル名アルバム名
A03滅茶PIPEBlue cloud / Fox hunter
E13aLast Labyrinth The Angel's Message
J03astellatramEXEC_COSMO=COCOON/. DL用QRコード
M01abMSS Sound System feat. ShiroroTime warp love
M11bDUGEM RISING JMBS SINGLE COLLECTION VOL.8
M13bEternal MelodyEnd Of The World
N07bぷにぷに電機SweetFantasicDreams
Q02aAB-Sounds x Jewel RecordsNEW-GENE
R30aen;Dolphin records Parallel Pancakes ~PANDRA CUTIE~
あ16aMALKILIYA新譜じゃないやつをなにか
あ14abHollow MellowGateau Chocolat Catharsis
い16aGLUEWAVESSimulacra
う04aCHIRONEXPunishment for the Liar
う05aRelease hallucinationLovers in Abyss
う11bElymusia 旅立ち ~遠き日に沈むは呪われし理想の王と亡骸の物語〜
う15benigmatic bluecreep not loop
う28bXiloroMONSTER
う37aMetomate自由と銃と十三の鎖
え22bTHE ROOM OF SHOW IKEDAhananoen
え31asakuraCafestoria
え38aカケルスタジオ あの日と群青の空
え41aいつきんぐだむビタミンノーツ
お01bC.H.Scomplete deposition
お05b無理レコーズPrintemps
お26bsomuniaRoom No.001
お27aコトノハルカナCandy Pop Party
お27bアインシュタインズ無料配布(過去曲)
お29aMamyukkaのらねこ秘密結社

stardrop teatime


Occole-Okka Works Collection-
お0bVerALLMIRAI
お31bロリィタノイロォゼDolores
お36bトピア魔法少女幻想曲
お39aセイントジェームスMUSIC I Fell In Love
か01bConfetto Pinky blossom
か02abMISLIAR Mystic◆Borderline
か07bLilyphaこれまでのCDの楽曲解説ペーパー等
か08bPowerless SoundsAVALON
キ02ab葉月ゆら虚構の楽園
キ08ab7uta.comサクラドライヴ
キ10aこすもぽりたん L'oiseau Bleu
ク15xPulse Plum幻想終末世界線
ク17x白衣とMonocle Phantom Protocol -Ⅰ
ケ33aにゃーろんずランドルトドーナツ


徒然にゃるままに
コ13aPrismagicAprire
コ15aないしょの音楽館MEMO
コ23binktransAt Last. (通常版)


Complex
サ04apriere*ルールブルー
シ03aすかいあ星めぐりの回顧録
シ17bautumnbaguetteOp.7の庭園水
ス01abABSOLUTE CASTAWAY ASTRO=GRAPH
ス04aRigël TheatreRinn Ding Dong - L'avenir de la Flesvelka -
ス16aUtAGe PIANISITY
ス17aお月様交響曲Ricorrdi


続きを読む

M3のカタログゲットしたので、確保したので前回のまとめです。

土日にも出勤があるとどうにも試聴が進みませんが、M3翌日の「のらねこLive」もあるので気合を入れて臨みたいところです。例の打ち上げは結局申し込んでないですはい。

とりあえずいつもの。

[memo]
  • 申し訳程度のmemo欄
□すごくよく聴いてる
★糸奇はな 「四角い世界
幻象アリス~ Stray Alice 「Noctiflora
★MMBK.COM 「曖昧トリップ
★MISHAORU 「Starting
★MISHAORU 「Merry-Go-Mine
★Laralastudio 「留守番電話
★BouQuet*×tone color palette 「うたう少女のグリザイユ
★Metomate 「篝火
ひよこレコーズ 「君が音楽を辞めた日
priere*×天元奇譚「天元歌合
Enigmatic Blue 「going up the Rio
★ABSOLUTE CASTAWAY 「刀心幻戯 序
UtAGE 「PIANISM
★liqueurprime 「Fiorerio
めろめろ♡いんすと~る! 「♡めろめろまんちっく♡EP
★The Spring Beach Works. 「百面相 about my multiple personalities
★Answer to the MOMONGA 「PEREGRINATIO
★Prismagic 「Robbia
★MINAGUKAZE 「知らない世界の境界線~また明日って言えるなら~
虚無と偽装と狂気 「不安な1と安心な2
Atelier LadyBird 「夢見るグラビティ
★Sucriwre 「ふたごのまほう少女 プティ・ジュメル
★Mamyukka 「カラクリ百貨店
★HollowMellow 「Special arrangeCD M3-2017 autmun
Queen of Wand 「heavenly Owl
★トピア 「魔法のつくり方

□よく聴いてる
藍月なくる×Sennzai 「soleil de minuit
★NanosizeMir 「塚越さんの仮歌CD(仮)
大島はるな「夏恋花火EP
A little bit 「Romantic Emporium
saw and create 「starboat/君と宇宙に花束を
ali-color 「薔薇とケモノ
フーリンキャットマーク 「乙女はドッペルゲンガー
★はるきねる 「Voyage
★とけい 「春夏中冬
Uni-C 「Pastel Memories
★VerAll RECORDS 「Ø~zero~
RoyReine 「宝石商 Ein=Edelstein
One Hundred Wishes 「Second Wish ~夜に煌めく碧玲の追憶~
NanosizeMir 「輝跡
★Lilypha 「つながる
GOROPAN 「パン壱
Queen of Wand 「Q
★綾間テルヨシ 「イニシエイト
★Whitefists 「Natalia:Code
nanocats 「TEAR DROP
ABSOLUTE CASTAWAY 「刀心幻戯
★TAIL'z 「BrokenMonsters
★じまんぐ 「Be Bone
coralfree 「Palette
★CHRONOS RECORDS 「Windy Island
アインシュタインズ 「お彼岸EP
★littro rettle 「エーデルワイス
★Annabel 「Nylon Town
Kidlit 「what to say next to you
★Rigel Theatre 「Riness-Ghosts of Memories-
Music Pandora 「SELF PORTRAIT VOL.1

□そこそこ聴いてる
鈴葉屋Queens -1st Mov.-
★葉月ゆら 「妖華語り
リル・ミネット 「Pandora Box
柏ちまき 「林檎恋々歌
幻音録 「ParadiseLost ~崩落のエデン
月燈舎「LunaPark
亥音 「planetes/ピアノフォルテ
Xorsizer × Junsei × Pratanallis 「TRINITY
KalmeRi 「BE MY BRAVE
Crystal Form 「Departure of Connexion
Corky Voce 「The Front and Back
autumnbaguette 「cerise sur le gateau
Airy bird 「黒猫と廻る記憶の寫眞館。
Silence Phobia 「Blaze of judgment
 こすもぽりたん 「ハピパリ☆ハロウィン
★にゃーろんず 「にゃーろんず入門
 ないしょの音楽館 「ないしょの音楽館 2017 秋M3
★Cube-Tuned Processor 「Calcula Tunes
 Fluffy 「vanity life
Letharia 「Неточка
★son voyage 「NineDaysTheQueen

M3も次回で大きな節目と言うことで、事務局の方々はなぜかビールづくりに精を出しているようで、なかなかカオスでいいですね。打ち上げ行くかどうかは悩みどころではあるのですが、まぁ翌日も休みだし、ビールはなんだかんだ気になるしで、もしかしたら行くかもしれない…? でも別にサークルさん側に知り合いいるわけでもないし、もちろん一般参加者側にもいないしで、ぼっち参加者ってどれだけいるんだろうという心配が。うーん、保留!

さて、それはそれとしてもう4月も近づいてきており、結局忙しさにかまけて中間更新一切ないまま、なし崩し的に総まとめになってしまうなぁと思い立ち、ざっくり所感をば。元気具合に応じて随時更新予定。


※ 長くなってきたので格納しました


続きを読む


  • 少しずつ、少しずつ。
  • 8月にはじめた(遅)FGOがようやくキャメロットで、とにかく先に進みたい気持ちが強くて視聴進まない…。あと何故か分らないけど今期妙にアニメを見てしまっていて、それもそれで圧迫感ががが。
  • 以下、一次フィルタリング。正直後半力尽きて聞けてないの多いけど…。こっから減らさないと。

ブースサークル名アルバム名
A01bUtAGePIANISM
A05bAspireBrand-New Our Song.
A07aこすもぽりたん ハピパリ☆ハロウィン
A07bMINAGUKAZE 知らない世界の境界線
A09b萬月邸闢蓮抄
A10bフーリンキャットマーク乙女はドッペルゲンガー
A13asaw and create starboat/君と宇宙に花束を
A15bJIMANG Blue by ...&J


Orange by ...&J


BE BONE
A17ab葉月ゆら妖華語り
A23bMMBK.COM曖昧トリップ
A24aSugar Bunny* Furry Party
A24bMamyukkaカラクリ百貨店


ライブチケット
B10abbinaria & AnnabelNylon Town
B13aXorsizer TRINITY
B13bLilyphaつながる
E06fシンクレア民族音楽工房ひとびとのなくしもの
F04a絵に描いた城BE MY BRAVE
F06bninomiya tatsuki killing me softly


天国にいけますように
F07aCrescent Phantomカラクリレクイエム
F07b月燈舎Luna Park
F10bTail'z Broken Monsters
F13bNanosizeMir 輝跡


塚越さんの仮歌CD(仮)
F14asoleil de minuitsoleil de minuit
F17bstudio-kurage Guava Co.
G01aVerAll RECORDSØ~zero~
G05areverie label エーデルワイス
G09bairy bird黒猫と廻る記憶の寫眞館。
G11aうたのは終幕における群像劇-Alice-
G13bHUMMING LIFE MAGIC RECORD
G14acl6ck works春夏中冬
G17bPrismagicRobbia(ロビア)
G20aPumpkingdomColorful flag
G20bトピア魔法のつくり方
H02bliqueurprime fiorerio
H05aPHANTOM LILY 四角い世界&忘却舞踏
H08asky color notesplanetes/ピアノフォルテ
H08bキノット くまのきよみ×辻純更『N/S』
H09aアインシュタインズ お彼岸 EP
H10bおやすみコンチェルトVoyage
H14asakurabi壮途
H14bないしょの音楽館 いつかアルバムになる(かもしれない)プレビュー版
H15bCorky Voce The Front and Back
H17b星くずのお茶会
I07bMusic Pandoraself portrait vol.1
I17a.spacewhat to say next to you
I20aneko-CROISSANTOn my journey
I24bBaumkuchen Records calcula tunes
J01acoralfreePalette
J01bBassyにゃーろんず入門
J12bめろめろいんすと~る! ♡めろめろまんちっく♡EP
J23abQueen of Wand SugarWhiteSymposium ディスク交換!


Q


heavenly OWL
K01aPrimary liberator
K07aCrystarhythmpastel memories
K09bGOROPANパン壱
K12aA Little BitRomantic Emporium
K14aAtelier ladybird 夢見るグラビティ
K22afluffy vanity Life
L03apriere* × 天元奇譚 天元歌合
L03bBouQuet* × tone color paletteうたううたう少女のグリザイユ
L04a鈴葉屋Queens -1st Mov.-
L04bリル・ミネットPandra BoxBlack Disk


Pandra BoxWhite Disk
L05bI.L.C -Image Leaf Craft-Ribbon
L10ason voyageNine Days The Queen~Jane The QUENE~
L13bcasket とりあえず見に行く あるはず
L15bCHRONOS RECORD Windy Island
L24bPhonon forteVoice of All
M10aナトリニウムキサラギワンダーパーク
M15bOne Hundred WishesSECOND WISH ~夜に煌きらめく碧玲みれいの追憶~
M20aali-color薔薇とケモノ
M23bautumn baguette cerise sue le gateau
M24aThe Spring Beach Works「百面相」"About my multiple personalities"
N12bRigel Theatre Riness -Ghosts_of_Memories-
N15a虚無と偽装と狂気不安な1と安心な2
O02abMISHAORUStarting


Merry-Go-Mine
O13a外柿山 君が代アレンジ
O14bウチナキレコード 箱庭エレメント
O22ab▲s 視聴して何か一枚買うかも IZUMO GYPSYかなぁ
O24abTRICKBOOOKMaleficium
P05ademi2nd DEMO piece
P06bmetomate篝火
P16benigmatic blue going up the Rio
P18bnanocats TEARDROP
P20bアンサツモモンガ PEREGRINATIO
Q04aひよこレコーズ君が音楽を辞めた日
Q13ab-LostFairy- 狂気幻想グリムガルド【Trial Version】
Q19aSilencePhobia Demo
Q21bLaralastudio留守番電話
R06幻象アリス ~ Stray AliceNoctiflora
R09bLetharia Неточка
え17aJK Sound Lab.夏恋花火EP



ク17xみみうち残響アイドラトリー
ク19xRoyReine宝石商 Ein=Edelstein
ク22x幻音録ParadiseLost~崩落のエデン
サ34b綾間テルヨシイニシエイト
続きを読む

秋M3のカタログ無事ゲット。ので、とりあえず前回の一旦整理。

音楽ファイルをぶっこんでいる外付けHDDの調子と、普段使っているイヤンホホとプレイヤーとの接続が物凄く悪くて、昨今、快適に音楽を聞けていない状況ではある。あと8月からはじめたFGOが歩行中の音楽視聴を阻んでいる。memoは、随時追加していくので、とりあえずいつものまとめから先に。随時追加していくと言いつつも、次の視聴を優先したいという思いもあり、実際増えるかは微妙? というか、入社以来これまでにない忙しさなのが悪いよね。それでも絶対M3は行きますが。

毎回繰り返しているような気もしますが、あくまで3つの群分けは自分が繰り返し聞いている頻度・回数であって、評価の良し悪しとは関係はないです。聞きがちって観点では上位がおすすめなの一定程度間違いはないながら、自分の精神状態によってつい多く聞いてしまうのがあったり、何度も聞くのに適さないのとか、あるからね…(遠い目 じゃあ★はなんだろう(自問)とりあえず聞いてみてって感じかなぁ。

[memo]
  • 書くぞ、という気持ちでmemoのコーナー空欄で設けたけど、もう次の準備しなきゃいけない状況なので、あんまり書けなさそうといういきなり弱気発言からのスタート。
  • コトノハルカナ「ぱぐぱぐEP」、本編(通常収録楽曲)はいつもながら聞いていて楽しくなる音作り且つ、いつもよりも乗り心地のいいEDM系の音でリピ率高、だったのですが、今作で何よりも驚くべきは隠しトラックで入っていた「おまけMIX3」だと思いました…。過去作てんこ盛りのメドレーミックスなのですが、なんとなんと、約18分もの大ボリューム。本サークルさんの曲はもともと聞いてて楽しいので大好きなのですが、この目まぐるしさで長く楽しめるなんて、サービスしすぎじゃない? しかし、隠しトラックなので、特設サイトとかでも一切存在に触れられてないんですよね…。なんてもったいない。7曲目のパレード@アクネートナもいい感じのRemixでしたので、えれくとりっく☆わんだぁらんどが好きで買ってなかった方とか、ゲットしたほうがよい。
  • 絵恋ちゃんと楽器、絵恋ちゃんって(地下?)アイドルの方だったらしいです。Carbonic Acidのつながりで視聴して、全然それを知らずに買ったのですが、もうとにかくはっちゃけていて面白い。意味ない系のノリ重視の歌詞づくりに、結構がちのバンドサウンドがついているという、真面目なバカ曲という感じでほんとに好み。(筋肉少女帯の一部の曲を思い出す。)あと今回ボーカルやられている絵恋ちゃんがなかなかの逸材。クラスSNSの悪口「可愛いからって調子に乗ってる」を受けて、「それで、私って可愛いんだと思って、アイドルになりました。」というのはかなり好みの逸話。
  • Xiloro 「Dig A Pear」、名曲揃いで魂消た。トレーラーの動画を見て一発目の一曲目からやられたのだけど、一曲目 「Dig A Pear」のBメロのラスト「誰も見たことは"なし"」のところの落とし方が格好良すぎて、もう何度繰り返し聞いたかわからない。その他、「Tengu」「Volksgarten」「クラゲの気持ち」「夢を歌ってくれ」「Post Office」「Her Engine Looks Like A Wheel」「Surfing On」とピックアップするつもりが大体の曲が好みだったのだけど、何よりもまず「クラゲの気持ち」が凄かった。曲全体通しての展開がすべて最高。音楽的な言葉を用いて表現する力がないのが悲しいが、仮に何かやりながら流しで聞いていても、この曲に入ったら耳をそばだててしまうような魅力があります。あらゆる人に聞いて欲しい。
  • 去年秋に買った、「BouQuet*」の「05.ミモザ」「08.ジニア」で好きになった、奏月すいむさんの自サークルの前回新譜である、tone color palette 「atmosphere」。好きになったポイントであった、明るく爽やかで、前へ前へ駆け出していくような曲調はやっぱりお家芸なのかなぁ。本当に好き。こちらだけではなく、「Marcia」でも2曲担当されていて、そちらもやはり好物だった。秋に向けての記事でも取り上げるけど、BouQuet* × tone color paletteのコラボ作品を出されるらしいので、そちらも大変楽しみです。
  • inktrans 「過去の明日を願うなら」、まず一番最初に言いたいのは、CDのジャケットと中身あってなくね…?という、これジャケ買いするような人だと攻撃的な内容だと誤認すると思うんですよね。ちなみに、中身はふわふわとした透明感、変拍子の面白さとボーカルがマッチしていてかなり耳心地がよく、リピートが止まらない。2曲目の「心ころころ、転ぶ頃」が特に好きです。
  • MISHAORU 「Closed parade」、1曲目、2曲目がどちらも3拍子の曲なのですが、どちらもそれぞれの味が出ていて大変好み。一曲目は表題曲でミドルテンポの楽しげな曲。街のお祭りのような賑やかさがあって、踊りだしたくなるような軽やかさが素敵。二曲目、「Dear lies」は打って変わってしっとりとしたスローテンポ曲。サビ部の響きが心地よい。MISHAORUと言えば、個人的には久野幹史さんの曲が好き!って感じだったのだけど、この2曲を担当されているrionosさんという方も要チェックだなぁ。夏コミの2シリーズ目のクレジットにも載っているから買わなくちゃ。ちなみに、秋の新譜には名前がなくて少ししょんぼり。
  • MMBK.COM 「走馬灯ラビリンス」。2曲入りシングルだけど、どちらも良い曲なので、つい流しっぱなしにしてしまう。1曲目は耳に残る主題のメロディがずっと繰り返されるているのだけど、音が多彩で、かつ外し方がすごく楽しいので聞き飽きしないよい曲。2曲目「後遺症ロマンス」、寂しげでアンニュイな曲なのにすごく全体のリズム感がよくて、ささやく様な声に聞き入ってるといつの間にか終わっている。
□すごくよく聴いてる
★力石好乃 「Marguerite
★絵恋ちゃんと楽器 「ERERGY
めろめろ♡いんすと~る! 「めろめろ♡いんすと~る!
★コトノハルカナ 「ぱぐぱぐEP
★Xiloro 「Dig A Pear
★tone color palette 「atmosphere
★Rejection 「COSMOS
★Rejection 「RESISTANCE
Mamyukka 「エッカルト・ユンカーの驚異の部屋
★inktrans 「過去の明日を願うなら
★Imy 「Last words
★Hollow Mellow Enchanted
★エミルの愛した月夜に第Ⅲ幻想曲を 「Fallen
PHQUASE PHRASE 「H.B.S.002
六弦アリス 「Allegory
★雲収集業者 「地上1センチ未満の空で
★YUC'e 「Macaron Moon
The Beignets「MOMO SYRUP
The Endorfin 「Raindrop Caffé Latte
★ABSOLUTE CASTAWAY 「刀心幻戯 序

□そこそこ聴いてる
★滅茶PIPE 「滅茶PIPE
ロリィタ ノイロォゼ 「Ulysses
にゃーろんず「月曜日はどどど
★siraph 「current mood vol.3
Roman so Words 「never ending journey
★Queen of Wand 「RadiantLivingRed
★Queen of Wand 「SugerWhiteSymposium
★Mimis 「そんなこともある
liqueurprime 「Marcia
★foolen 「f for fetishism
★Cafe Lyriq 「Dualnature
★Answer to the MOMONGA 「Pre-Peregnatio
葉月ゆら 「Ghost Sense
大日本ティッケー団 「DUGEM ARMS 2017
Superset Records Close To The Night
★stellatram 「Kaleido Sphere おまけCD
Richiter 「Richiter Original Funkot EP01
★Liesvect「Liesvect 2 -observer-
Kidlit 「PARADIGM SHIFT
Jockie"MASTA BASS"Suama 「JMBS SINGLE COLLECTION VOL.7
鈴葉屋 「Ophaniel
空想サラウンド 「funny forest valentine
A little bit 「紅茶店マスカテル
月燈舎 「ブロカントの箱庭
sky color notes 「Drink me , Eat more
ESTiメイト 「Balloon Party
フーリンキャットマーク 「ミスタープリンセス
Yukacco 「ヘブンリィ・ポケット
★すかいあ 「フラスコの水中庭園
seraph 「Black Dahlia
Secret Messenger 「シンギュラリティ - Singularity -
One Hundred Wishes 「FIRST WISH ~蒼が描いた6つの記憶~
★お月様交響曲 「造説ユーフォリア
★MMBK.COM 「走馬灯ラビリンス
★MISHAORU 「Closed parade
★Metomate 「Karma
★Laralastudio 「0とビー玉
Lambelti phill 「Aquaphobia
GUINES 「カルマ~転換~
★FROZEN QUALIA 「花束
ESTiメイト 「CinQ
★Ariabl'eyeS 「涙想オートマタ
AKATSUKI 「裏切りの龍とはじまりの祈姫

□あまり聴いてない
じまんぐ宝歌 vol.1
Pratanallis 「Justynusty
★Pitohui Records 「Pitoxic
Music Pandora 「My Dreams Come True
Lick Dom Records 「Honey Cheeks 2 -Purple Dress-」
★Tsukuba DTM LAB. 「Happy Pandemix!
autumnbaguette 「SpringBaguestra
152Hz 「KISS/CRY
★ひまさー 「ひまさーCD
PRIMAMATERIAL 「久遠の指先
Lilypha 「海秘石

↑このページのトップヘ