同人音楽感想雑記

同人音楽の感想をメインになにかを書き捨てていきます。雑食。

_SL500_AA300_
遊女さんのM3-2013秋の新譜「シセン」です。
物憂げな感じのジャケットがたまりませんね。何事か訴えかけてくる感じ。何事か。
 視線とか、死線とか、私選とか。
 詞先とか。
本作は詞が先にあって、それに曲を後からつけたものというコンセプトの一枚とのこと。
いわゆるAメロがあってBメロがあってサビがあって、といういうような普通?の構成の曲がないのが新鮮ですね。だいたい詞自体が、元々曲をつけること想定してないだろみたいな曲の方が多いです。つけられている曲はシンプルで音の数が少ないのですが、そちらで主張しない分歌詞がスッと頭に入ってきます。もちろん、それは歌唱されている遊女さんの力が大きいのですが。アカペラでもいけるんじゃないかな、と思えるぐらいに歌声の表現力があって聞きごたえがあります。

1. 道の先に
2. その日
3. 懐かしき歌
4. 終わり
5. 月のくぼみ

白眉は2曲目「その日」と4曲目「終わり」です。どちらも一番と二番(便宜上)で同じ歌詞を繰り返す構成の曲なのですが、歌詞カード上だと一番が全てひらがなで書かれていて、二番が漢字を交えて書かれてます。この詞上におけるニュアンスの違いというのをきっちりと表現されていてそれがすごく良いなと思いました。言葉ってそれだけで意味を持っているものなのでしょうけど、音で伝わってくる時には意味が持たされているかそうでないかで全然感じ取り方が変わるものなのですね。

ジャケット、ディスク、中身と、全体ですごくまとまりのある一枚でした。こういうのは本当に満足度高いです。オススメ。


39196124
鈴葉屋さんのM3-2013秋の新譜「夢はささめく風に舞いて」です。

視聴で気になってはキャパの関係で切り落としていたサークルさんですが、今回は特にビビビっときて入手。ジャケットからも雰囲気がビンビン伝わってきますが、まさに和!な一作ですね。和風楽曲や、複数ボーカルの美麗ハモリ等がお好きな方には間違いなくおすすめの作品です。

さてとりあえずトラックリストはこちら。

1. 桜花繚乱、宵祭!
2. 黎明
3. 謠降る里
4. 禍(Bonus Track)

疾走感のある曲もしっとりとした曲も、総じてクオリティが高く、テーマと思われる「(悲)恋と愛」にバッチリと浸れるような一枚です。単なる和風というだけで終わらずに、自然と平安や奈良辺りの情景が浮かぶような雰囲気作りがされいるなぁと思いました。描かれている情念が時代がかっているからでしょうか。

ボーカルは3名いらっしゃるようなのですが、皆一定の上手さがありますし、それぞれ声質の住み分けができていて、それでいてハモリもすごく気持ちいいです。また、2曲目ではバックにコーラスが入っているのですが、包み込むようなよいMIX加減です。合唱を齧ってた影響かもしれませんが、ハモリが綺麗とそれだけでテンション上がってしまいます。

一番いいな、と思ったのは3曲目の終盤で2曲目、1曲目がフェードインしてくる演出。やり方によっては違和感が出そうな演出なのに、ごく自然に仕上がっていて、とても美しい。曲間の関連性が殊更に強調されず、バランスよく曲として成立しているのは素敵ですね。

簡単に情報をさらった感じだと、本作に近い作品は認められなかったのでちょっと迷いますが、次のイベントの際には新譜・旧譜ともにチェックしてみようかな・・・。おまけで無料配布していた「此処に幸せな結末などありはしない」を聞いた感じだと、メタルとかV系が本職なのかしらん。この手のジャンルって、うまく聞き分けができないというか、なかなか良し悪しがわからないのだよね。ただ、2曲目の「わたしにはもう、歌う資格のないレクイエム」はしっとりとハモリを聞かせる曲でとても好み。こういうの期待したいなー。

4167686_orig

電子音響音楽応用解析研究所(以下、「電音研」)さんの最新作にして最終作です。

感想一発目にしては濃いところを持ってきてしまった気がします。それでも取り上げたのは、上述の通りこれが電音研さんの最終作だからなのです。このサークルさんはメタルをベースに色々と遊びのある音源を発表してらっしゃるのが特徴で、いかにも同人音楽だなぁと私が勝手に思っていたサークルさんなんですよね。大好きです。これまでにも、クレヨンしんちゃんや、ポケットモンスター、アンパンマンとそうそうたる顔ぶれとメタルの融合を果たし、私を楽しませてくださっておりました。

さて、最終作である今作「DraemonForce」は満を持して、その名の通りドラえもんが題材となっております。メタル成分の方は、DragonForceというメタルバンドのようですね。ロゴはモロですし、ジャケットはUltra Beatdownというアルバムのジャケットのパロディのご様子。まぁぶっちゃけて言うと私はメタル界はまったく詳しくないので、ちゃっちゃと中身に入りますw 本当はこういうパロディものはDragonForce側も知っててにやりとできる方が楽しいのでしょうが、致し方なし!

序曲はインスト楽曲ですが、いきなりやたらと壮大で思わず笑み。それでいて、その後4曲で取り上げているドラえもんの楽曲のメロディラインがきちんとちりばめられていて、その後を楽しみにさせてくれる、まさに序曲としては素晴らしいできではないでしょうか。

2曲目はドラえもんの歌のパロディ。DragonForceらしい高速メタルに合わせるとこんなに格好良くなるものなんですね。ただのネタだけに終わらず、ひとつの曲として楽しめるように仕上げてくれるのは流石電音研というところでしょうか。ガッツリとノれる間奏でもドラえもんの歌の旋律を混ぜてきてくれるのでとても楽しいです。

3曲目はジャイアンの歌。このCDの中ではこの曲が白眉でしたね。いきなりもの凄い勇壮なスタートを切ったのでどんな男と男の歌になるんだ・・・!?と思わせて、歌が入るとまさかの女声(しかもオペラ声)で唖然としました。Intercityさんという女声の方のようなんですが、かなり存在感のある音楽に負けずに深く朗々と上げられていて感服しました。この方ご自身も音楽活動をされているようなので、機会があれば是非聞いてみたいですね。

4曲目はぼくドラえもんがネタ元。これは一転して汗臭い男ボイスで重々しい感じでよかったです。短調のアレンジになってるのもあってもと曲のあっけらかんとした雰囲気はまったくありませんw 正直これだけ聞いてるとドラえもんを勘違いしてしまいますね…。まるでアルマゲドン。何千何万の武装した量産型ドラえもんが行進している姿が見えるようだと、聞かせた友人も言っておりました。

5曲目はなんと
少年期。武田鉄也さんの超名曲ですね。名曲過ぎて他のどのドラえもんの曲よりもメタルがそうぞうできませんでしたが、なんと…。なんとメタルまったく関係なかったですねええええええええ! 叙情感たっぷりのバックのサウンドに、しっとりとした女声と男声のツインボーカル。素晴らしいデュエットで衝天しそうでした。

総じて言うと、このCDは5曲(内1曲インスト)に関わらずもの凄く満足感の高い仕上がりになっていると思いました。聞いたことのある電音研さんの中でもトップクラスの名盤だと思います。最終作にして最高の一枚です。更に言うと、M3-2013秋に50枚ぐらい買った中でも一番キャッチーでクオリティが高く、ここのところ一番聞いていたというのもあるんですよね。それぐらい素晴らしいです。

はじめまして。

なんとはなしに本ブログにて同人音楽の感想をメインに綴っていければと思い本ブログを開設しました。…実は本当に理由がないわけではなく、きっかけは同人音楽初心者様のエントリを読んで少し思うところがあったからなんですよね。確かに、同人音楽界って、感想とか書いてらっしゃる人あまり見かけません。M3に行けば結構な賑わいをみせているのに、不思議です。

とは言え私も、同人音楽自体は10年ぐらい前からちょこちょこと聞いているにも関わらず、近しい友人(若干一名)と感想を言い合う以外には自分の中で満足して完結してしまっていました。今もそのスタンスを大きく変えるようなことは考えていないのですが、上記のリンク先のエントリを読んで少しずつ世界を広げていくのもいいかもなと思い、ふと立ち上げてみた次第です。

基本的に雑食傾向なので、誰かの参考になるとかはないと思うのですが、少しずつ感想を積み上げることが何かに繋がるといいなぁ、とかなんとか。続くかな?

↑このページのトップヘ