個別記事は相変わらず書けてない状態です。

そろそろ次のM3まで折り返しということで、ここまでに聞いたやつを一旦振り返り。一応後編は別途の予定。
LastFM上だとコンサート・ライブのあった、サンホラと岸田教団が図抜けていますが、M3モノに絞ると、コトノハルカナ、すかいあ、まめこさん、QoW、リリハル、ウチナキレコード、Mamyukka、Seraphがランクインしてますね。それはそれとしての主観頻度のまとめにはなりますが。しかしこのまとめ方は問題点あって、BGM的に調達したシロモノが問答無用で頻度低に入ってしまうのが微妙だよなぁと我ながら。

□すごくよく聴いてる
★Hollow Mellow「Reincarnation
★Mamyukka「キノコ古記録
 Queen of Wand「Candy,Whip,Rain,Stupid!
 Release Hallucination「Nightmare Outbreak
 Seraph「Beautiful Decadence
★Uchinaki Record「つなぐおとみちるうた
 コトノハルカナ「えれくとりっく☆わんだぁらんど
★すかいあ「小鳥は森を歌う
 ナミダロジック「星間戦争
★ポヤッチオ「PICOLONY NAUTS 00
★白黒lazuli*「Spiel Quartet
★(^0^)「flavor has no taste vol.1 (demo)

□けっこう聴いてる
★AsteRubia「AspiRation!
 glassmoon「春に降る雪
 Laqshe「揺れ動く
 Sugar Bunny*「Alice in Wonderforest
 Unlucky Morpheus「Vampir
 windy・way「Nieの國
★しちごさん×Absolute Castaway「Another Flower II
 ないしょの音楽館「ないしょの音楽~ギターと一緒!~
★ぱっちりひつじ「ドSピエロのボブ
 メアリとクラリ「F

□そこそこ聴いてる
 Citrus and Ocean Colour「Lump Sugar Suite
 demi「Compass in Your Mist
★en;Dolphin Records「Tokyo Audio Waffle -Summer Frappe-
 Ephebophilia「Survival Instinct
 fishpond×ハッカドロップ。「サーカスは午前10時の水曜日
 Lait fraise「Be in full groly.
 Sator「THE END ~BADEND COMPILATION
 Sound Pulse「impulse
 stellatram「Hymmnos Chronicle おまけCD
 葉月ゆら「Dark Matter
 諷花-sorahana-「華くらべ
★2.8mile×Krik/Krak「妖精郷まで何マイル -Happy birthday, dear, Cerridwen-」

□あまり聴いてない
 AL Fantasia「CemBarock
 en;Dolphin Records「Tokyo Audio Waffle -Travel Sound Sandwiches-
 en;Dolphin Records「Tokyo Audio Waffle -Winter Fondue-
★Gothic Marionette「星の黎明期
 Rainy Garden with in the blue「天地奏造
 RTTF Records「Flower Garden
 Sator「Celestain-Prelude-
 somnium「Music of Wonderland
 月燈舎「スーベニイル
 Pengenherm「Try Ph!」

以下、一部短評(★つけてるやつ)


 
★Hollow Mellow「Reincarnation

 Hollow Mellowのセルフリアレンジ。元あった格好良さ美しさはそのままに、今回新しく入った生のバイオリンが格調高さをもたせててたまらない。ここまでよくなっているなら元曲のCD持っていても2,000円出す価値は大いにあり。まぁこれ厳密にはM3じゃなくて年末に出てるのだけど、買ったタイミング的にこちらに編入。

★Mamyukka「キノコ古記録

 Mamyukkaの最高傑作級「深海図鑑」に続く新譜。世界観がバッチリ決まっていて、それにちゃんと曲が寄り添っている安心のMamyukka。今回はキノコの生い茂るような鬱蒼とした森と、さらに「深海図鑑」と同じく謎の発達を遂げていそうな蒸気文明という、男の子大好きな感じに仕上がっています。山中のイメージだからなのか、南米の民族音楽的なフレーズが多用されているのが印象的。

★Uchinaki Record「つなぐおとみちるうた

 直接紹介するのは初ですが、結構毎回購入しているUchinaki Record。民族系、アカペラ・多重コーラスという、いかにもな同人音楽の一角という感じではありますが、合唱をやっていたのもあってか好物ではあります。ここの好きなところは、変に凝らず、土臭い感じがするところ。志方さんとか大好きなのですが、どんどん複雑・壮大化していってしまって、このぐらいのが別途補給したいときがままあります。

★すかいあ「小鳥は森を歌う

 私がすかいあさんをサークル買いする切欠となった、「記憶の中の子供」に収録されている「星と小鳥」のアレンジから始まる一枚。シングルのシングルカット…というか、「星と小鳥」をさらに膨らませた一枚って感じなのかしら。思い入れもあってか、たまらなく好き。でもこれがアリなら、「さいごの魔法」や「キララ」でもなんかやって欲しいかも。新曲も勿論聴きたいけれど…。

★ポヤッチオ「PICOLONY NAUTS 00

  わんころわんわかわわんのわん!(謎 しばらく電波らしい電波から距離を置いてたので変に中毒になってしまった一作。毎回は厳しいけど、たまに買うのは十分にアリ、だなぁ。「咲いた咲いたランドセルの花が」とかよく思いつくよなぁ、とこういうの聞くといつも思います まる

★白黒lazuli*「Spiel Quartet

 浮森さんは、今回は「幼蚕文庫」としての参加はなく、新譜はこちらの企画のみでした。というわけで完全に浮森目当てで入手したけど、これは望外によかった。男役2名、女役2名のボーカル人体制なのですが、声色の棲み分けは出来ているし、当然ユニゾンだけじゃなく、ハモリ、掛け合いが多用されていて聞いていてとても楽しい。やってる本人たちも結構楽しく録ったのではないかなこれ。歌詞も含めてよく聞くとかなりスイーツ()な感じで人によっては合わないかもしれませんが、オススメの一枚です。

★(^0^)「flavor has no taste vol.1 (demo)

 某所でめっちゃオススメされているのを横目にしつつも、前作「てぐせ壱」はいまいち視聴でノリきれずにスルーしていたのですが、今回はティンときたので入手。テクニカルなんだけど、なんというか叙情的ですごく気持ちよく聞ける。軽い、というか明るい? のが好みです。強いて言えば凛として時雨なみにボーカルが何言ってるかわからない笑

★AsteRubia「AspiRation!

 初参加の新サークル?だと思います。ポップなロック。今改めてYoutubeに上がっているXFDを聞くと、なんでこれ買ったんだっけ…と思ってしまうほどボーカルが残念なのですが、何か感じるものがあって買ったんだと思います(困惑)実際聞いてみるとボーカル(と、全体的な音の荒さ)はさておいて、メロディが変に病み付きになってしまい再生を繰り返しております。軽やかに駆け抜けるようなピアノが印象的。次も期待しちゃうのだけど、やはりボーカルをなんとか…(酷

★しちごさん×Absolute Castaway「Another Flower II

 しもつきんと中恵光城さんのコラボ第二段。それぞれのを歌い合っているのは(原曲知ってるし、好きだしで)もちろんいいとして、コラボ用の新曲「mirage」「collage」が素晴らしい。すごい面白い曲ではないのだけど、この二人のツインボーカル前提できっちり曲を組んでるなーというのが好感度高いです。それぞれのよさが出てるし、盛り上がる。しかしこの作曲の戀伊江 梓さんてはじめて見るし、調べても情報出てこないけど何者なのだろ。

★ぱっちりひつじ「ドSピエロのボブ

 「にくきゅうとかいてレイコとよむ! ジャーン」があまりにも衝撃的な一枚。それはさておき、相変わらずそれぞれ面白い曲を作られていて、ぱっちりひつじは最高だぜ!って感じではあるのですが、「ほんじつのニュース」が実験的過ぎてCDとしてリピートするには少し食指が動きづらいかなぁという感はあります。とは言え、こういう面白い曲をぶっこんで来るからこそ引き続きその次にも期待ができるというもの。

★en;Dolphin Records「Tokyo Audio Waffle -Summer Frappe-

 いかにもおしゃれ(テクノ?)ポップって感じのこちら。毎回通りかかっては迷ってスルーしてたのですが、セールしてたので思わず入手。最近5km~10kmぐらいの散歩が趣味として定着してきているのですが、その際のBGMとして重宝しています。夏をテーマにしているだけあって、確かにこの暑くなり始めた時期の空模様だと噛み合うんですよね。試しに、同時期に買った冬テーマのものもかけてみたのですが、その差は歴然。先入観も多少ありそうですけども。

★2.8mile×Krik/Krak「妖精郷まで何マイル -Happy birthday, dear, Cerridwen-」

 事件になってしまいましたね。購入したこともあって経緯はトレースしていましたが、悲しくなってしまうのでこういうのはほんとやめて欲しいです。まゆきさんとか、見てられない感じになってしまってましたしね…(ただでさえ不安定だったのだから)。それはそうと、何も知らずに聞いてたときは、Krik/Krakじゃないところのがしっかりケルト音楽やってるじゃん! しかもクオリティも高い! やったぜ!って思ってました(白状

★Gothic Marionette「星の黎明期

 ゴスマリさん、初めて手を出してみたのですが、旧作も路線はこんな感じなのでしょうか。誰かご存知の方いたら教えて欲しいかも。イマイチのりきれなかったのだけれど、アルバムで真価を発揮するタイプなのかも?