同人音楽感想雑記

同人音楽の感想をメインになにかを書き捨てていきます。雑食。

M3-2016秋

M3-2016秋まとめ

まとめる前に所感を2つ3つ書きたかった…。けど仕方なし。けものフレンズも無事終わったのでとりあえずいつもの感じでまとめます。つい先日出た岸田教団の新譜聞きまくり始めてるので、色々風化してしまう前に。

[memo]
  • stellatramさんの挑戦が凄く嬉しかった。これまでのしっとりヒュムノス中心路線から一転、ガッツリ戦闘曲の方面にも手を出してくれた。しかもかなりいい感じで、2曲目の「EXEC_HYMME_SEAMLESSECHO=H:D/.」とかホント最高。ダンサブルで疾走感もあって、且つ曲の構成がすんごく盛り上がる。新しい扉開けてる。stellatramさんはちゃんと背景の物語も作るから、ガンガン曲は作れないと思うけど、今後も本当期待。
  • Pitohui Recordsの「Pitronica」は、買うまでは過去の経験上ヘビロテかけるようなタイプじゃない(いいとは思っても多くは聞かない)と思ってたんだけど、いざ聞いてみたらかなりリピートかけてた。普段の生活上で、背景で流していて凄く心地よい。
  • Laralastudioは、思っていた以上にMimisの方ばっか聞いてる。うまく気の抜けた感じがすごくいい。「SNSで知り合った君の名前を僕はまだ知らない」とか、このタイトルで曲めっちゃかっこいいからね。これまでLaralastudioに好きを感じた要素がこっちのが詰まってる気がするかなぁ。完成度が全てではないというか。「Improvisation Life」だと「不眠症」と「マリンスノー」が好き。「Improvisation Life」は聞き流さないでちゃんと聴くと、えらい丁寧に曲が作られてるなぁ、って思う。展開というか編曲というか。
  • 「はぐるまチッパ」とてもよかった。立秋さんのピコピコテクノは聞いてて気持ちが上向きになるから好き。なのだけど、歌もの7曲+プチBGM6曲という構成が、なんというかリピートするのに向いてないというか。歌ものだけ聞きたい時の気持ちの時にセレクトされないという。
  • 「BouQuet*」は、チョイスされたのを見るに視聴時の精神状態がアレで癒しを求めていたのだろうなぁという感じで、陽の気を感じる一枚。花をテーマに、結構曲調にバリエーションがあるのでリピートかけていて負担感がなく、自然と聞き込んでしまった。特に気に入っているのは奏月すいむさん作曲の「ミモザ」。風に乗って駆け抜けていくようなサビがたまらない。
  • 初月面避行さん。基本的にノリと質のよいエレクトロ方面の曲調なんだけど、ボーカルがちょっと意外性あって面白いというか、癖になる感じでそこがフックになってぐわっと入ってくる。「ドグマチール錠50mg」の入りとか、それだけで他の作業してても耳が持ってかれる。バックの方が断然クオリティ高いのだけど、多分それだけだったら買ってなかっただろうなぁ。
  • 虚無と偽装と狂気、当日なかなかいらっしゃらなくてやきもきしたのが懐かしい。春ではちゃんと準備済まして、しっかり睡眠を取っていただきたいところ。さて、肝心の曲はというと、とてもよかったのだけど、ジャンルで言えばなんなんでしょうね。プログレ的な詠われをされていたような憶えもあるけど、かなり色んな要素が詰め込まれているのは間違いない。一曲内での展開の多さがとにかく楽しくて聞き入る。ボーカルは割と賛否あるかなぁというヘロ感で悩ましい。他でボーカルつけちゃったらこのアジは薄れちゃうのだろうか。後、いくつかのフレーズにRevo感を感じた。サンホラお好きだったりするのかしら。
□すごくよく聴いてる
★Release Hallucination 「Chronostasis
★lasah 「CLOCKWORK ALPHA
STUDiO MONOBEAT 「THE CHINEMATIC CIRCUS
binaria 「diez
エミルの愛した月夜に第III幻想曲を 「DIVA
オレオレウサギ 「An Evanescent Echo/ReLight」
★SNOW SMILE 「HATSUYUKI
Queen of Wand 「Justice Lily-夢の果てに見る夢-
★stellatram 「Kaleido Sphere ~天淵の双つ星~
autumnbaguetteMinisterium
★Powerless 「Odyssey
★Pitohui Records Pitoronica
★月猫とリュート 「SANTA ROSE
★みとせのりこ 「tSoLE
★Mimis 「きみにふれたい
★Bassy 「ニューロンの宴
Mamyukka 「ハートのジェーンとつぎはぎマリー
コトノハルカナ 「はぐるまチッパ
★ナミダロジック 「千叉路/サマーナイトシンパシー
demi 「淡き木洩れ陽、空虚な瞳
A little bit 「路地裏ウタカタ通り

□そこそこ聴いてる
エミルの愛した月夜に第III幻想曲を 「AMETHYST
BouQuet* 「BouQuet*
★siraph 「current mood Vol.2
月面避行 「crocco
YUC'e 「Future Candy
葉月ゆら 「Halloween of the Dead
Laralastudio 「Improvisation Life
葉月ゆら 「ORGIA
★UtAGe 「PIANISTIQ
Sprite Recoredings 「PICTONE+
Suger Bunny* 「Spookids!-スプーキッズ-
tokyo babel 「Sputnik Sunrise
YUC'e 「Toy Frappe
t+pazolite 「TRI▼FORCE
★Xiloro 「Two of Earth
藍月なくる 「アプルフィリアの秘め事
★FataMorugana 「べつのせかい
ミズイロノヒ 「ミズイロノヒ
Flosynoa11月の花嫁
ピンキーロケッツ 「安心で安全なお化け屋敷
At the Garnet 「屋根裏美術館-West Wing-
★虚無と偽装と狂気 「空言の思想
Airy bird 「三毛猫探偵と午前0時の時計台
ali-color 「春告の贄
すかいあ 「消えた宝石箱の冒険
うたのは 「新型アリス症候群
KO3 「星空ワンダーランド
Mamyukka 「世界空想楽大系
Mamyukka 「椿町こすめてぃっく
Studio Lepus 「白夜の語り部-Studio Lepus works collection-
灰色Logic 「落日
桃色技術音楽堂・中路もとめ 「恋の形・アイの成分

□あまり聴いてない
CHRONOS RECORDCinematic BGM
RTTF Recores 「Happy Halloween
Casket 「Here.
★StudioΦ 「Session In Precious Alcohol
Lupinus 「Stellar CHAiNs
★Celtechadenza 「Tentation
うさおりーぬ 「ジャッカロープと野いちごの森
月燈舎 「ナイトフライト
時栗宮子 「みんなでみんなのみんなのうた その3
香和音 「乗踊邦拍

M3-2016秋 所感

相変わらずバシバシ更新できていない…。というか今回のM3なんて(記事としての)事前のチェックリスト作成も満足にできてない状況だったのですが、結局、今回もこれまでと変わらないような数入手しております。絶賛、戦利品をボチボチ聞き崩している最中。

秋のM3戦利品は、いつも開封が遅れてしまうんですよね。というのも、まずは11月末の年中行事「ANIMAX MUSIX」の予想セトリでの予習をしなければならないというのがあって、さらに今年は12月のbinariaのライブもあってそれも予習をという感じでした。で、年末年始も落ち着いたのでというところなのですが、この時期になるとなんでハロウィン的な音楽聞いてるんだとかなってしまう(自業自得)。


というわけで、ここまでで聞けてて特に「おっ」というやつをいくつか上げてみようかと。


■ナミダロジック『千叉路/サマーナイトシンパシー


 自分が存在を知った1stアルバム『星間戦争』の時代から、いつの間にかギター・ドラム・キーボード・ボーカルが入れ替わって(なんと4/5!)いて、第4期ナミダロジックとしての初めてのイベント参加とのことでした。チェック段階でその情報を掴んだので、どうなっているのかなーと思いつつ入手したのですが、思ったよりナミダロジックでした。ひねりのある展開や、変拍子が相変わらず心地よいなー。基本ベースの方が方向性を支配されているんでしょうね。ボーカルさんはまだこなれてないというか、馴染んでないかな? 正直ナカジマさんの声が好きだった為に、まだこちらの耳が馴染んでないだけかもしれない。今後も楽しみです。
 ちなみに、今作2曲入りシングルなのですが、(知らぬ間に)どちらも公式HPにて無料公開されているので、ご興味があればぜひぜひ。


■autumnbaguette『Ministerium


 結構期待してました。童話・寓話的な雰囲気のある教会音楽チックな一枚。全ての曲がオルガン! 教会音楽! という感じではないのですが、そういった曲が好きであれば全体的に受け付ける可能性は高そう。自分はオルガンの天から降りてくるような音がすごい好きなんですよね…(余談)
 狙ってこう加工しているのかはわからないのですが、ボーカルがかなり不穏さを醸し出していて、個人的にはこれがクセになりました。甘く、ダークな雰囲気です。

■FataMorgana『べつのせかい


 遊女さんのサークルの新譜。あんまり意識してなかったけど、4年ぶり3作目ということらしく、お久しぶりだった。(あれ、でも『シセン』って3年前では…カウントされていない?)今回はくにいさんとのツインボーカルとのこと。
 こちらのサークルは、ボーカルにパワーを感じるのが好きなところなのだけど、今作もその点素晴らしいです。曲調的には全体的には土っぽいというか、海外の田舎みたいなカントリー感が通底しつつ、音数の少ない穏やかな曲からワチャワチャとしたにぎやかな曲まで、全体で幅もあっていろいろ楽しめます。ジャケット絵もすごく鮮やかで華があっていいですよね。たぶんジャケ買いした人も結構いるんじゃないかな。

M3-2016秋 整理

ぽつぽつと

視聴がすすみませんよ…白目

長くなってきたので、続きへ移動

ちょっと視聴しきれるかあやしくなってきたので、更新一時停止
続きを読む
プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ