同人音楽感想雑記

同人音楽の感想をメインになにかを書き捨てていきます。雑食。

カテゴリ: M3-2018秋

https://f4.bcbits.com/img/a1735188357_16.jpg

LaralastudioさんのM3-2018秋新譜「雪の降る街」です。

竹之内さん、さてはキャッチーの王様か?という程の耳残りの良さ。今回のメインボーカル曲2曲とも、Larala界の歴史に残す楽曲といっても過言ではないのではと…。ボーカルは西風Sさん。綺麗で通りのよい歌声で且つ、パワーもあるし、めっちゃ気持ちの乗った歌いぶりで聞いていて本当に浸れる。3曲という曲数に比して物凄い満足感の一枚です。

さて、トラックリスト。
01 雪の降る街
02 混濁とレンズ
03 カノン
まず1曲目、「雪の降る街」。メロドラマかっていう情景が浮かぶような切なさ爆発バラード。『灯がともる 見慣れた街の中ひとりで 雪の降る街 あなたはもうここをふり返らない』ってちょっと涙出てきませんか。しかもサビから切り込んでいく構成になっているのもあって、文字通り最初からクライマックスの盛り上がりで一気に引き込まれる。ドラマチックな一曲。

そして2曲目、「混濁とレンズ」。敢えて説明するとこれは『コンタクトレンズ』とかかったタイトルになっております。とは言え上手い事言ってるだけではなくて、ちゃんと歌詞の上でも意味が考慮されていて、これがまたよい…。曲調としてはしっとりとした1曲目とは打って変わって軽快なテンポのロック(と言ってよいのか)ナンバー。とは言え変わらないのは強烈に耳に残るメロディーと展開。Cメロからの盛り上がりとか尋常じゃないものがある。3分ちょっとの短い曲とは到底思えない存在感で、ふとしたタイミングで脳内に戻ってくる。

3曲目の「カノン」で改めてしっとりと、締め。こちらの曲、まさかの最初はインスト曲だったらしいのですが、こう聞いたときのしっくりと来る感じはなんなの。

#「混濁とレンズ」は今回の新譜が初出の曲じゃなかったのか…。レビュー行脚しててようやくそれを知る。結局のところまず曲自体がすばらしいので、SoundCloudに上がってるのもバッチリよい、んだけど、随分ブラッシュアップされてるよなぁとはやはり思う。聞き比べても楽しいな…。


  • Resoneciaは毎度何かあるのか、無いのかがほんとわからん
  • めろめろ♡いんすと~る!が充電期間に入っていて膝を折った…。がおがおさんのTwitter見ると色々お疲れのようなので、とりあえず内心で応援をし続けるしかなさそう
  • 感傷ベクトルもこのM3で一区切りとのこと。note読んだ。ものすごくしっかり自分に向き合った内容で、これに文句をいうやつはファンではなかろうて。リアレンジ新譜のnoneとかほんと落ち着いた雰囲気の曲になっているのもわかるなぁ。
  • Vtuberモノどころか、Vtuber自身の出展がちょっと見ただけでいくつかw リアル出展しちゃうんかい! Appoloぐらいにとどめておけばw
  • 時間が…時間がない…。あと、まだ「い」までしか見れてないのに既に予算見合いで削らなければならない量がピックアップされている…。土曜、マロパから帰ってきたら馬謖を斬りまくらないといけなくなりそう(血涙
  • うっそでしょ。がおがおさん新譜発表してるやん…。いや、ベストアルバムチックではあるけど、でも体調悪かったみたいだったし、そもそもめろめろさんは充電してたものだから。てかボーカルがsomuniaさんでの再録とかどんなサプライズだこれ・・・。M3はこのタイミングでも(むしろこのタイミングで)どんどん情報出てくるからホント油断できない。laralastudioさんとかも昨日視聴アップだったし、コトノハルカナさんも今日22時にようやく新譜の情報が出るようだし、トリコさんも情報でてこないし…^^;
続きを読む

↑このページのトップヘ